トップ  »  製品とサービス  »  手書きOCRエンジン

手書きOCRエンジン

弊社は、オンライン文字認識を得意とする会社ですが、昨今の手書き文字のテキスト化のニーズにこたえるべくオフラインエンジン(OCR)の開発を積極的に行っています。弊社のオンライン文字認識技術には、すでにオフラインエンジンが含まれているために、短期間で効率的な開発を行っています。現在のお客様対応は、個別対応はもとより画像処理、辞書登録、手書きデータベース保有会社等と共同で開発する方向も進めております。

現在は、お客様の手書きのレベルに応じたご提案も行っています。また既にSDKのご提供も行っています。


※認識エンジンに画像を取り込む前の画像処理についてはお客様で行っていただく必要があります。



これまでに蓄積されている膨大な量の紙の手書き文書や、依然として残っている紙の手書き帳票等を、効率的に処理するためには、オフラインの手書き文字認識技術が欠かせません。オフライン文字認識では「活字」を対象とする場合もありますが、その場合は文字の大きさが一様で字形のばらつきも少ないのが一般的です。これに対し、「手書き」を対象とする場合は、文字の大きさが様々で字形のばらつきもあることから、専用の画像切出し処理とそれに対応する認識処理が必要です。 なお、ここでいう「オフライン」とは、文字認識用語における「オフライン認識」のことで、カメラやスキャナから入力された静止画像から文字認識を行う方式を指します。これに対して、近年普及しているタブレット等から筆跡にXY座標系列を取得し認識する方式を「オンライン認識」といいます。一般に、OCR(Optical Character Recognition)と呼ばれる技術は、オフライン認識のことを指しています。

 

本ライブラリの動作環境は、次のとおりです。

OS Microsoft Windows 7 以上 (日本語)
CPU 1 GHz以上のプロセッサ (推奨)
アーキテクチャ x86(32bit)※x64(64bit)環境ではWOW64を介して動作可
メモリ 2 GB以上 (推奨)
HDDの空領域 1 GB以上 (推奨)
必要フレームワーク .Net Framework 3.5以上
必要ライブラリ OpenCV 2.4.10(opencv_core2410.dll、opencv_imgproc2410.dll)

本ライブラリを組込むアプリケーションの開発環境は、次のとおりです。

開発環境/言語 Microsoft Visual Studio 2010 以上(推奨)